「生活訓練施設 ちゅに」は、平成24年3月に事業を廃止し、4月よりi・boxの事業として自立訓練(生活訓練)と宿泊型自立訓練を行っています。

事業内容

(1)就労継続支援事業

【方針】職業人の育成、働く喜び、高収入を実現する福祉的就労の場を目指す

【主たる対象者】職業人育成を希望・同意し、一定程度の収入を希望するメンバー

【継続支援内容】生活支援員によるメンバーの評価、育成、生産事業環境の整備
      ○職業人育成支援
       ①基礎教育
       ②育成プログラム
       ③研修
      ○在宅就労支援
      ○就労支援
       ①職場実習
       ②就労技能プログラム
       ③就労活動支援
       ④退所後フォローアップ

【生産事業内容】 生産事業の場を「企業」と位置づけ、職業指導員、B 型メンバーにより高品質商品、サービスによる
        高利益を目指す
      ○福祉的就労としての生産活動の実施
       ①パン部門
        ・事業方針
         『「厳選素材」×「こだわりの製法」+「伊達」=パン工房ibox 』
          「厳選素材」・・・全国から厳選した身体にも環境にも良い素材。(無添加など)
          「こだわり製法」・・・パンの特性に合わせた製法
          「伊達」・・・伊達の新鮮素材、地域の方に喜ばれるパン
       ②売店・介護部門
        ・事業方針
         『人材育成(プログラムによる技術習得、機器導入等)により、 車両運転以外のすべての事業運営を
         メンバーのみで行うようにする』

(2)自立訓練(生活訓練)

【方針】生活技能プログラムの提供により単身生活への移行・定着・質の向上を目指す

【主たる対象者】家族同居、宿泊型自立訓練入所者(単身生活が見込める方)、グループホーム入居者

【支援内容】○単身生活移行支援(単身生活への移行)
       ①生活講座 ②食事 ③服薬 ④金銭
      ○単身生活向上支援(生活の質の向上)
       ①余暇

(3)宿泊型自立訓練

【方針】共同生活の場を提供し、社会性を獲得することにより地域生活(自宅、単身生活、GH)への 移行を目指す

【主たる対象者】精神科病院入院患者

【支援内容】○日常生活支援
       ①体調面、食事状況、入浴状況、服薬状況把握
       ②居室訪問、面談の設定による確認
       ③服薬管理
       ④洗濯、居室清掃、自炊 技術の獲得
      ○共同生活支援
       ①社会性獲得
      ○地域生活移行支援
       ①生活体験実習
       ②移行支援

ページのトップへ戻る